by

リーダーシップ・相手の可能性を信じる力②

皆さま、おはようございます。2016年最後の火曜日となりました。
本日の担当は、人材育成コンサルティングファーム・ビジョンのコミュニケーション能力開発トレーナー閏ひさみがお届けいたします。

どんな年の瀬をお過ごしでしょうか?
私は、思いのほかあれこれお誘いを頂く12月となっており
たくさんの方と語らう時間を過ごせています。

そんな中、人材顧問をしている企業の今年の振り返りのコーチングセッションの前の雑談でお聴きした”とあるエピソード”をお伝えします。

相手は女性で2児のお母さんでもあります。
この週末は、上の小学生高学年のお兄ちゃんの「県学校別団体戦」のバトミントンの試合だったそうです。お兄ちゃんはダブルスの選手でシングルの選手2名と合計4人で1チームでの出場だったそうです。そこで、このチームが県でトップの成績を手にしたそうなのです。

半年前には、シャトルが来たらどうしよう?打ち返せなかったらどうしよう?ととてもおどおどしていたチームだったそうなのです。

130225_oisuka_065-640x427

それが、年末には県でトップです。

すごくないですか?子どもたちはどんな鍛え方をされたのだろう?と、ここには絶対に何か秘密があると気になったのです。きっとそれはあれだろうと期待を込めながら、彼女にインタビューしました。

彼女とのやり取りをこちらにご紹介します。

ーーー

「もちろん子どもたちも、親たちも頑張りましたけど、やっぱりあのコーチがいたからだと思います。」

「コーチ?」

「はい、コーチが言った言葉が忘れられないのです。」

「コーチが言った言葉?」

「はい、半年前の子どもたちはもう、本当に弱くて、一回戦で負けてもへらへらしていた位だったのです。そんな頃でもコーチは『この子たちに頂点を味合わせてあげたい』と言っていたんです。」

「ほー、全然弱いころから・・頂点・・」

「はい、そして、ずーと練習中は、出来たところについてコメントをしてくれて、子どもたち練習が大好きになって。ここまでするかという位休みの日は練習に明け暮れて。そして、子どもたちは、3か月経ったくらいには、ちょっとづつ勝てるようになってきて、力を出し切ることを覚えて、そして自分を信じることを覚えて。そして、惜しい試合では心から悔しがるようにもなって。」

「へー」

「コーチが信じてくれていたから、ここまで来れたのです。そして、うちの息子なんて、優勝した日の帰りの車の中で『勝つことしか考えてなかった!僕がいないと優勝してなかったと思う。』とまで言っていました(笑)」

「(笑) 一生の宝物を手に入れましたね。」

ーーー

人材育成コンサルティングファーム・ビジョンが、お伝えしているリーダーに必要な3つの力『聴く力』『伝える力』『相手の可能性を信じる力』の3つ目について、理解を深めることができたと思います。

img_about_flower
リーダーの『相手の可能性を信じる力』の及んでいる場での努力や研鑽は、しっかり見えない所に蓄えられ、花を咲かす活力になっていくのだと思います。リーダーは、まだ見えなくても相手の可能性を見て、そしてそれが花開いた姿を伝えることが仕事だと改めて整理させてくれたエピソードでした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

来年も引き続き、よろしくお願いいたします。
では皆さまよいお年をお迎えください♪

ーー

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏 ひさみ

ーー

連載「20人の壁を超えて、組織がぐんぐん成長する組織づくりに必要な5つのステップ」

ステップ1、ビジョン共有
ステップ2、対話文化
ステップ3、リーダーシップ
ステップ4、仕組み化・財産化
ステップ5、組織の可能性の開花

===

連載「BI:sionの生い立ち」

■episode.1 パートナー閏ひさみとの出逢い
■episode.2 共創ぐるぐる会議の誕生
■episode.3 講義形式から対話の場づくりへ
■episode.4 リーダー育成における「誘える男」という定義
■episode.5 BI:sionに込めた想い
■episode.6 BI:sion が目指すもの

===

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。全8通のメッセージをぜひお受け取りください。

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた無料メールマガジン(全8通)
介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

 

 

by

会社は経営者のようになる。 だから守りたい3つの約束。

こんにちは。
関係コンディショニングコーチ 矢野圭夏です。
先週の閏ひさみがお届けしましたブログ
「会社は経営者のようになる だから経営者は自分を磨くのだ」と関連してお届けします。

(まだの方はこちらを先にご覧ください)

 

経営者には守るべき3つの約束があります。

1つめは、お客様との約束。
2つめは、自分との約束。
3つめは、従業員との約束。

 

どれが一番ということはなく平等に大切な約束です。

 

最近、ささやかな約束が破られる経験がありました。

そのひとつがすべてを表しているとは言い切れませんが、その会社に起こっていることと照らした時に、「ささやかな約束を破る」ことが影響しているんだなと感じることがありました。

 

f083d74a6cb9d7d6b5243cab3fcb3adb

お客様との約束は売上をつくる

ビジネスは契約ですから、お客様との信頼において「提供する価値」と「受け取る価値」が循環することで、売上がつくられます。

決められた納期や、決められた質のサービス。
経営者でなくとも「お客様との約束を守るのは当然」という意識は誰でもあると思います。

 

自分との約束は未来をつくる

自分との約束とは何でしょう?

例えば、日課や習慣にしていること。
「2次会は行かない」と決めている経営者もいらっしゃるようですね。
ビジネス上で大切にしているルールもあるでしょう。

自分を律し奮い立たせるための約束はもちろん、少し先の未来のための約束も大切ですね。

自分との約束を守るために必要な視点は「三人称の自分」なんです。

「わたし」という一人称で、自分が見ている世界。

「あなた」という二人称で、相手から見える世界。

「わたしたち、あなたたち、世間」という三人称で、周りも見渡せる世界。

スポーツ選手にコーチがついて伴走するように、自分にもコーチをつけることで、行動もモチベーションも高まります。

 

ここまでは「うん、そうだな」とご理解いただけることであり、実践されている方も多いと思います。

大切なのは、3つめの約束。

 

 

従業員との約束は信頼をつくる

お客さまも大事にしている。自分との約束もばっちり。

では従業員との約束はどうでしょうか?
ここでは、対価が伴う労働の雇用契約以外に目を向けます。

 

たとえば、週1回の定例ミーティングがあるとします。
そのために議題を整理したり、時間を調整したりしますよね。
ですが当日になって、社長がドタキャン。
やむを得ない理由があるとしても、従業員の気持ちはどうでしょうか?

 

「ああ、残念だ」と思われるうちはまだ良いですが、「ああ、またいつものことだ」と思われることで少しずつ信頼が目減りしていきます。

その信頼の目減りはあなたと従業員の関係のみならず、従業員の仕事に対する姿勢にも影響します。
つまり、「決められたことは守らなくてもいい」というルールです。
経営者から相談を受ける内容に多いのが「従業員が、社内で決めたことを守れない」です。

社内で決めたことを守れない従業員は、お客様に対しても「守れない」前提が生じてしまうのです。

「ああ、あのお客様はどうせ期限を守らないからしょうがないよね」

これは信頼関係とは呼べませんよね。
嘆く前に、叱責する前に、自問してみてください。
あなた自身は従業員との約束を守れていますか?

 

===

2016年のブログで矢野が担当するのは今日が最後。

少し厳しいメッセージになりましたが、大掃除、仕事納めの機会にでも、ぜひ従業員のみなさんへの感謝やねぎらいにたっぷりと時間をとっていただきたいと思います。

本年もお世話になりました。
来年もご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

 

連載「20人の壁を超えて、組織がぐんぐん成長する組織づくりに必要な5つのステップ」

ステップ1、ビジョン共有
ステップ2、対話文化
ステップ3、リーダーシップ
ステップ4、仕組み化・財産化
ステップ5、組織の可能性の開花

===

連載「BI:sionの生い立ち」

■episode.1 パートナー閏ひさみとの出逢い
■episode.2 共創ぐるぐる会議の誕生
■episode.3 講義形式から対話の場づくりへ
■episode.4 リーダー育成における「誘える男」という定義
■episode.5 BI:sionに込めた想い
■episode.6 BI:sion が目指すもの

===

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。全8通のメッセージをぜひお受け取りください。

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた無料メールマガジン(全8通)
介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

by

会社は経営者のようになる だから経営者は自分を磨くのだ

おはようございます。
今日は、人材育成コンサルティングファーム・ビジョンのコミュニケーション能力開発トレーナーの閏ひさみが、「会社は経営者のようになる だから経営者は自分を磨くのだ」と題してお届けします。

世の中には、経営者の会なるものが多数存在しています。

私は起業して9年目ですが、それ以前にはそんな会の存在すら知りませんでした。

起業して1年目にそんな会の存在を知り、起業して4年目に239社の経営者や工場長のお話を聴かせてもらった時に、経営者の孤独さと、経営者の責任の在りかを知りました。

そのときに行きついた結論が、『会社は経営者のようになる』 でした。この結論は、怖いことでもあります。だって、『会社は経営者のようになる』 ですから。

来年の2月に開催の鹿児島県日置地域の経営者の会の勉強会に、講師としてお呼び頂きました。ヒアリングが大好きな私は、先週、主催窓口となる鹿児島相互信用金庫・伊集院支店のご担当者にお願いをして、経営者の会の幹事の方と支店長とを交え、打ち合わせをしてまいりました。

15541504_1272239772835110_426871176445110095_n※ 伊集院駅前の島津義弘公。勇ましいです。

 

やっぱりここにも『会社は経営者のようになる』を気づいて危機感を持っている方々がいらっしゃると確信を持ちました。

この話は従業員の方に伝えても、全く認めません。その理由は今回は割愛します。

経営者の方に伝えたら、私が感じている比率ですが、1割の方が心底分かっていて、とても努力されていて、3割の方がやっぱりそういうことかと思っていて意識はされていて、4割の方が話としては知っているが自分との関連を見出しておらず、2割の方がそんなことは全く思わず生きているという状態のようです。

会社の何が経営者のようになるのか?

会社の何が経営者のようになるのか?というと

①仕事の倫理観
②自分の仕事が創る未来への期待感
③従業員のコミュニケーションの質・雰囲気・オーラ

です。

①仕事の倫理観
会社は経営者の倫理観の範囲で動きます。経営者が仕事を作るとき、自分の中の価値観や判断基準を使って形を作り、型を整えます。従業員はその型を使って日々仕事をすすめます。また、従業員からの提案で何かアイデア持ち出されたとしても、それを経営者が自分の価値観や判断基準を使って対応します。組織にはこのシステムが動いています。このくらいはいいじゃないかが多くの組織内の体質を作って、時折、行き過ぎたものが内部告発という形でニュースになったりします。

②自分が創る未来の仕事への期待感
経営者が自分の中で、自分の仕事を何だと意味づけているか、未来の何を作っているのかという考えによって、従業員へそれが、有言・無言のメッセージとなり染みわたっていきます。いい変えれば、経営者の夢見る力とその中身が従業員のやる気に直接影響を与えるのです。経営者自身が、それをあまり持っていない状態なのに、従業員の中に未来を語る力を持つ人材がいるときは、その方は近い将来独立されるの方か、もしくは御社の宝である可能性が高いです。

③従業員のコミュニケーションの質・雰囲気・オーラ
家政婦は見たではありませんが、清掃業者の方がその会社の質を本当によく知っているという話があります。清掃業者の方が入っていない会社ならば、出入りされる業者さん(ヤクルトさん、新聞屋さん、お水ボトル交換の方など)への関わり方がその会社の本質を現します。経営者がするように従業員は振る舞います。その時、どのような表情なのか どんな言葉を使うのか がそのまま従業員にコピーされて行くのです。ものすごく悪い時は、反面教師として反対のパターンがコピーされますが、素晴らしい時、可もなく不可もなくの時、なんとなく横柄な時、なんとなく冷たい時などは、コピーされます。
というわけで、『会社は経営者のようになっている』のです。

現状に危機感を感じ、変化をもたらしたいと願う社長は、たくさん学んで倫理観・世界観を構築したり、コーチをつけて、ビジョンや夢を言葉にする機会を持たれます。時には、そのためだけのまとまった時間を取られます。

前述した9割(3割+4割+2割)の方に、こういう影響力があるということを知っておいてほしくて今回はまとめてみました。

経営者が自分を高めることは、決して自分のためだけでなく、従業員やその家族、その地域に良き影響を与える最善の道だと思っています。

そのたゆまぬ努力のために呼んで下さった経営者の方々に感謝を込めながら、今日のブログを終わりにします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、今日もよきお仕事を♪

ーー

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏 ひさみ

ーー

===

連載「20人の壁を超えて、組織がぐんぐん成長する組織づくりに必要な5つのステップ」

ステップ1、ビジョン共有
ステップ2、対話文化
ステップ3、リーダーシップ
ステップ4、仕組み化・財産化
ステップ5、組織の可能性の開花

===

連載「BI:sionの生い立ち」

■episode.1 パートナー閏ひさみとの出逢い
■episode.2 共創ぐるぐる会議の誕生
■episode.3 講義形式から対話の場づくりへ
■episode.4 リーダー育成における「誘える男」という定義
■episode.5 BI:sionに込めた想い
■episode.6 BI:sion が目指すもの

===

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。全8通のメッセージをぜひお受け取りください。

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた無料メールマガジン(全8通)
介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

 

 

by

ドキドキしながら仕事してる?-「魔法のコンパス・西野亮廣著」

こんにちは。
関係コンディショニングコーチ 矢野圭夏です。

毎週火曜日はビジョンブログの更新日。
矢野と閏が週替わりでお役立ちコラムをお届けしています。

さて今日は久々に書籍をご紹介します。

51lh8oz0avl

主婦と生活社から販売されている「魔法のコンパス」。
著者は西野亮廣(にしのあきひろ)さん。
ビジネス書というくくりで販売されていますが、受け取り方はひとそれぞれかもしれません。

一見すると、私たちが日ごろ綴る「人」と直結しない本の紹介ですが、ここではマーケティング手法が語られていて、
マーケティングとはつまり、「人の心の動き」ではないかと思うので
人材育成コンサルティングファームBI:sionとしておススメしても良いのではないかと解釈しています。

(閏からも快諾をもらっています)

 

パラレルキャリアという考え方

西野さんは、1999年にキングコングというお笑い芸人としてデビューし、2000年以降は絵本作家としても活動されています。

今回、クラウドソーシング(分業制)で絵本をつくり、個展の無料開催のために多額の資金をクラウドファンディング(campfire)で調達したことでニュースになっている話題の人物です。

彼は25歳の時に「芸人」としてテレビに出ることをやめて、自分が生き残る道、手段として絵を描き始めたとのこと。

もちろん、周りの芸人からは「芸人のくせに」と散々言われたそうですが
自分の才能がどこに向いているかを見極め、勝てる市場を探し、そこへ打って出ることでオンリーワンのポジション獲得への道を選んだわけです。
「働く」ということもきっと同じで、一心にずっと同じことを積み上げていくこともあれば、状況に応じて変化が迫られることもあります。

自分の意思で決められることもあれば、自分でコントロールできないこともあります。
私は、転勤族の妻という運命を背負い、自分の人生はいつでもリセットされてしまうという不安がありました。

だからこそ、どこに行っても、どこに居ても、自分で仕事を創りだせる力があれば安心ですし
「居場所」と「仕事」があれば、どこでも暮らせると思い、勤め先の仕事に関係することも関係しないことも含め、自分のスキルを磨くことや人脈を拡げることに尽力してきました。

会社としては、課外活動に勤しむ従業員を見て「本業をしっかりしてくれよ」と言いたくなる気持ちもあるかもしれませんが、その人自身が心身を健やかに保ち本領発揮するためにも「会社」という居場所以外の何かが必要なのであれば、そこも含めて、従業員の個性や成長を受け入れる器が欲しいものですね。
余談ですが、こういった人材はもしもあなたの会社が危機的状況になったときでも「会社にしがみつく」のではなく自分で道を切り拓いてくれる頼もしい存在になるかもしれません。

 

 

社会課題を楽しく解決する力

IMG_6337.JPG

私は自分の体験を書いたメルマガ「介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ」でもお伝えしていますが、「人は、正論では動かない」ものです。
(お読みになりたい方はこちらからご登録ください)
メルマガを書いたのが2014年ですから、この2年で確信に変わり、今ではこうです。
「人は、正しさではなく楽しさで動く」
ドキドキすること。

ワクワクすること。

感情が動くことで脳に刺激が行きわたり、自然と身体が動いたり、言葉が変わったりするもので、「魔法のコンパス」ではそんな事例もたくさん紹介されています。

 

冒頭にご紹介したクラウドファンディングについて。

 

「えんとつ町のプペル」という絵本を出版し、個展を無料で開催するために資金調達を行ったのですが、驚くことに初日で目標額を達成してしまいまいした。(その様子はこちら
さーて、どうするか。
最初はリターン(寄付のお返し)にサイン入り絵本が準備されていたのですが(これも売り上げ部数を伸ばす仕掛け)

次第に、

『西野の絵本ができるまで』
『1分間のビデオメッセージ』
『《帰ってきた!》キングコング西野のギター発表会』
他にも、焼き芋大会、カレー大会、などなど。

プロジェクト支援の返戻品というより、ファンサービスのようなものがたくさん出てきました。
(もちろん行きましたよ、カレー大会。)
中でも「おおー」と思ったのがこれです。

【あなたの町で『えんとつ町のプペル展』を開催できる権利(西野のトークショー付き)】
普通なら東京で個展を開催したあと、その運営チームで全国巡回するだとか各地のギャラリーと組んで開催するだとかは想像がつきますが、「個展開催」ができる権利を売るという荒業。
ファンディングというか、オークションやネットショッピングの感覚かもしれません。
私も手を上げそうになりましたが一大事業になるので敢え無く断念。
ちなみに鹿児島では、奄美で開催されるようです。

img_6341

▲表参道のアートギャラリーにてLEDで光る絵を鑑賞しました

 

 

いかがでしょうか。
課題を解決することや目標を達成することは当たり前で、
いかにおもしろく、人を巻き込みながらゴールを目指すか。

 

そこに価値があると、この本は教えてくれます。
チャレンジする人も、巻き込まれる人もハッピーに。
「人の動きを読んで、少し先回りして遊びを仕掛ける」

西野さんはそんな言葉で、自分の行動を説明していますが、これこそマーケティングであり、人材育成だと感じるのは私だけでしょうか?
ドキドキしてる?