by

やねだん故郷創世塾ファミリー塾 <研修レポート>

皆様 こんにちは。
コミュニケーション能力開発トレーナー 閏ひさみです。

さて、皆さま
こちらの男性の方をご存知でしょうか?

この方は国が進めている地方創世のモデル地区のひとつ
鹿児島県鹿屋市の柳谷集落(通称:やねだん)の自治会長
豊重哲郎(とよしげてつろう)氏です。

地域の活性化には人徳ある人材育成をと進めている
やねだん故郷創世塾の塾長でもあります。

年二回開催される3泊4日の合宿スタイルの塾は
今年の11月開催で22期生となります。卒塾生の数は891人にのぼります。

私は2009年11月の6期を受講してから
とても可愛がっていただいております。

今年8月19-20日は、塾生とそのパートナー(家族・活動etc)とで参加できる
ファミリー塾が開催されました。全国から小学生から70代まで15組31名の参加でした。

その中で自身の活動で皆に知っておいて欲しいことを何をやってもいいと言われまして私は、このビジョンから生まれた『共創ぐるぐる会議』のプレゼンテーションをしました。

もちろん『共創ぐるぐる会議』は参加型ですので、全ての参加者とともにワイワイガヤガヤと45分過ごしました。

何度も書いておりますが、『共創ぐるぐる会議』のルールを今一度!

全部肯定! ②ひとり一案以上 ③ありがとう の3つです。

意味を補足します。
存在承認のためのルール:全部肯定!
相手が意見を出してくれた時、ひとまずは汲み取りましょうの意味を込めて、いいね!と親指を立てて受け取ります。受け入れる必要はありません。相手はそう思っているのだなを汲み取ったよの表現です。こうされることで、意見を出した方は意見をスルーされない安心感を得ます。
機会均等のためのルール:ひとり一案以上
一つの問いかけに数分でグループで対話をします。その限られた時間内で、一言も発しない人がいないように、逆に自分だけ話す人がいないように、全員が参加している状態を作ります。分からないなら分からないというも意見も表現します。
感謝のためのルール:ありがとう
この場にご一緒してくださって、ありがとう の気持ちをもって、同じテーブルに着き対話します。そのテーブルを離れる時、ありがとう とお礼を言って去ります。今日のこの場にも感謝を感じながら。

ファミリー塾の45分の場では、
このルールに則った場合の自己紹介
則ったらない場合の自己紹介
受けた感じの違いを生んだ違いについてシェア
席移動をして「今回のファミリー塾で持って帰りたいこと」のシェア
いつも裏方をしてくださる豊重哲郎さんの奥様・絹子さんが最近なさったお怪我についてご本人からのエピソード披露
席移動をして「今まで触れてきたやねだんの取り組み・豊重塾長について感じていること」の語り
グループを超えて、どんな話が出たかのシェア
をして終わりました。

より一層ぐっと皆さんの距離が縮まった手応えを感じました。

最後に共創ぐるぐる会議で場づくりをできる人材を育成するプログラムのことを紹介させて頂きました。
みんなが地域を超え、家族を超えてつながりを深めていく様子をあったかい目で眺めていた、豊重哲郎塾長の優しい目が焼き付いた時間でもありました。

皆さん、前向きなご参加ありがとうございました。また、お目にかかりましょう! では今日もグッジョブな一日を!

ーー

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
マインドフルネスNLPトレーナー
閏 ひさみ
ーー

もっと読みたい!
「強くしなやかな組織づくり」お役立ちコラムはこちら↓

連載「20人の壁を超えて、組織がぐんぐん成長する組織づくりに必要な5つのステップ」

ステップ1、ビジョン共有
ステップ2、対話文化
ステップ3、リーダーシップ
ステップ4、仕組み化・財産化
ステップ5、組織の可能性の開花

===

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。
実体験、実例を元にまとめた全8通のメッセージが無料で読める!
メールマガジンはこちら↓

介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

by

”忙しい”が口癖のあなたへ。感情と思考のクリアリングで望む成果を手に入れる。

こんにちは。
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ 矢野圭夏です。

 

夏も終わりに近づきましたね。立秋を過ぎてから風が変わったのを感じます。
いかがお過ごしでしょうか。

 

前回は、人間にも「OSのバージョンアップ」が必要であるとお伝えしました。めまぐるしい変化の時代に、いつまでも古い価値観ではいられません。そのためにも、コーチを活用していただきたいのです。
さて今日は「忙しい」が口癖のあなたへ、ひとつの体験談をお伝えします。
ストレス発散やリフレッシュの方法、エネルギーチャージの手段は人それぞれですが、情報や時間に追われる現代人こそ、積極的休息をとって自己調律する力が必要ですね。

 

先日、仕事と休暇を兼ねて福岡に行きました。
福岡は何度も訪れていますがしっかりと観光する機会は意外と少なく、今回は友人の住む大宰府をめぐれるのを楽しみにしていました。

 

過去と現在をつなぐ土地のパワー

20953643_1228114077294614_7618057856364455551_n

当日は曇り空。
まずはじめに向かった太宰府政庁跡は、小雨でしっとりとした木々の緑が濃淡のグラデーションをつくっていて、とても綺麗で静かな場所でした。
大宰府政庁は7世紀後半、奈良・平安時代を通して九州を治めた防衛拠点で、平城京、平安京に次ぐ、外国との交渉の窓口となった役所(大宰府)の跡。

しばしその中心に立ち、土地の空気を感じます。
その時代に生きた人々が何を見て何を感じて何を考えていたのか。

歴史や古典の授業で一度は耳にしたことのある歌人、山上憶良(やまのうえのおくら)や大伴旅人(おおとものたびと)もゆかりのある大宰府。
とても豊かな時代だったのだなと1300年前に思いを馳せて、また現代の私に戻ります。

 

煩悩と「恐れ」の正体

20915242_1228114263961262_2165432136166617930_n

続いては観世音寺。
天智天皇が母君斉明天皇の冥福を祈るために発願されたもので、天平18年(746年)に完成し九州の寺院の中心的存在です。日本最古の梵鐘や宝蔵は必見。
宝蔵には平安時代から鎌倉時代にかけての仏像16体をはじめ、全て重要文化財の品々が収容されており、特に5m前後の観音像には圧倒されます。

ここで思いがけぬ出来事を体験しました。
一体の仏像の前で「怖い」という感情が溢れてきたのです。宝蔵の中心に憤怒の表情で立つ5mほどの仏像「馬頭観音菩薩」が怖くてしょうがなかったのです。
私はその時なにか深刻な悩みごとを抱えていたわけでもなく、仕事のことを考えていたわけでもないのですが、なぜか馬頭観音菩薩への恐れの感情に支配され、コーチ仲間の友人がその場で恐れの正体を紐解いてクリアにするセッションをしてくれました。

 

「恐れ」の正体は、これまでの交友関係への罪悪感。
感情をたどっていくと、思いあたることがありました。
環境が変わり取り巻く人も変わり、自分も変わっていく。その中で周囲に不義理をしているのではないかという懸念がありました。馬頭観音菩薩が見せる憤怒の表情は、私を責めている表情に見えたのです。

恐れや罪悪感の裏にある真の願いは、「つながっていたい」「わかりあいたい」

不義理な過去があったとしても、今から、これからの自分の行動で示していけばいい。
そんなメッセージを受け取りました。
セッションのあと見上げた仏像はとても穏やかな表情で、はじめに感じた怖さはすっかり消えていました。

馬頭観音は頭上に馬頭をいただくスタイルの観音菩薩で、馬はヒンズー教の神様に由来します。ヒンズー教の神様の一つと仏教の観音菩薩が融合した結果生み出された仏様で、馬が草を食べるように煩悩を食い尽くすという意味合いがあるそうです。
私の中の煩悩が食べ尽くされたということでしょうか。

 

▼撮影禁止のためパンフレットより、中央の仏像が馬頭観音菩薩立像。

20915145_1228116573961031_7096212195931450342_n

 

いつもと違う場所に身を置き自分と向き合うことで、思考がクリアになり創造の力が沸いてくる体験でした。このようなプログラムを「リトリート」と言ったりします。
ご存知の方も初めて聞いたという方もいらっしゃるでしょうが、「仕事や家庭生活等の日常生活から一旦切離し、自分と向き合う時間や新しい体験を新しい場所でする事で思考の転換を行う」という意味合いで使われています。

 

私たちビジョンは、ビジョンエクスプローラーというプログラムを通して、「忙しい」が口癖の経営者様のクリアリングとビジョンメイキングをサポートしています。
ぜひ一度お試しください。

 

 

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

13608083_883978358374856_1653491292_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ
矢野 圭夏

人間関係のこじれ、もつれをエネルギーに変える
「関係コンディショニング」で本領発揮に火をつけます。

 

 

by

「創業者の思い」の持つパワー

こんばんは。
人材育成コンサルティングファーム・ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナーの閏ひさみです。

今夜は、鹿児島県工業倶楽部の分科会である
「八日会」にゲストとして呼ばれて、自社の話をして参りました。

いやもう、経営者の大先輩たちの前で何をお話すればよいのか
この場への参加が決まってから、ずっと心に引っ掛かっておりました。

今日の今日になって、マイカリスマコーチに緊急で連絡とって
この引っ掛かっている気持ちを聴いてもらいました。

そして、私が行きついたのは、
これからも逢う機会がある社長たちに恰好つけても始まらない
ありのままの今の自分が大切に思っていることで
大先輩の社長たちにも、もしかしたらお役に立てるかもしれないことをお届けしてこよう!
というシンプルな思いでした。

サンキュ、マイカリスマコーチ!

お伝えしたこと 概要


この場にお誘い頂いたことへの御礼

この場にお誘い下さった方とのご縁
私と鹿児島の中小企業の社長との思い出
社長の社会貢献「雇用」とそこへの感謝の気持ち
見失った大切な思いに気づくための質問をする役
コミュニケーションは教えるものではないという気づき
コミュニケーションを巻き起こす人を育てることへ
組織の活性化のために健全な対話の果たす役割・かき混ぜ方
周年行事の機会を、社員教育とビジョン共有に活かすプログラムの紹介
鹿児島の社長の特徴「照れ屋さん」  
でした。

うなづきながらお聴きくださり、とても嬉しい時間を頂きました。

ある社長は、60周年の創立記念式典をされたばかりで、その場で会社の歴史を紐解き、記録資料のフィルムを整え、今いる社員の皆さんに会社の創業時の様子を見てもらったそうです。すると、社員の方の職場での様子がガラリと変わったと教えてくださいました。周年行事プログラム紹介の際に会社の歴史を知ることが、働き甲斐に通じると行ったところに、とても納得されたと感想をくださいました。

ある会長は、私が過去の話をみんなにしてきていないのが、いけないのだな と気づいたとおっしゃっていました。

ある社長は、組織をかき混ぜるというところが絶対に必要だけれど、自分たちだけではなかなかできない所だとおっしゃってくださいました。

自分たちの仕事と信じてきたことにお墨付きを頂いたような、そんな気持ちになりました。

 

思いという火がないとその会社は存在しえない

創業者であれ、二代目であれ、はたまた三代目であれ、なにかしらの思いを持った人が存在しない限り、その会社に存続はありえません。特に「創業者の思い」には、その会社のDNAとなる要素が含まれ、その情報がきれいにコピーされ時が経っても関わる人に伝わっていると、その会社は繁栄の道の上にあることができます。その情報が歪められたり、伝わっていなかったりすると、その会社は衰退の道を歩むことになります。

その思いに、経営理念というラベルがついて、わが社は何のために存在するのかを含んだ経営理念のある会社と、そんなものは存在しない会社の行く末に大きな違いが生まれるのです。

ですから、創業社長はその思いを折に触れ社員に語り、記録に残しておく義務があります。「そんな昔のことはよかたいが(放っておいていいのだ)」と照れている場合ではありません。

先述のマイカリスマコーチが、かつて会社員だった時の話をしてくれました。「私の属していた企業は零細企業だったの。家族経営から一歩出たような規模の会社だった。もし、社長夫妻がこの会社を創った意味を私に教えてくれていたら、毎日の仕事はもっと実りと遣り甲斐のあるものになっていたことだろうと思うの。」と。 社長、本当に照れている場合ではありません。

社長の胸に思いという火がないとその会社は存在しえないのですから。

思いを絶やさぬために周年行事を活用しましょう

ビジョンの提唱する、周年行事プログラムについて少しお伝えしましょう。
ヒアリングをさせてもらって、内容に手を加えるかもしれませんが、大まかな流れをお伝えします。

開会宣言
会社の歴史をたどる
社長の創業時の思い
創業時の頃の私について
そもそもの入社のキッカケについて
会社に入ってみて感じていること
社長の未来への思い
仲間ともっと創造的に働くために(対話) 
各自の行動宣言
閉会 

これを理想としては全社全員でやります。社員間交流も進みます。

もし、ご興味のある方がいらしたら資料をお届けしますので、ご遠慮なくメッセージくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
では、今日も思いを遂げる仕事に向かいましょう。
グッジョブな一日を(^^♪

ーー

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
マインドフルネスNLPトレーナー
閏 ひさみ
ーー

もっと読みたい!
「強くしなやかな組織づくり」お役立ちコラムはこちら↓

連載「20人の壁を超えて、組織がぐんぐん成長する組織づくりに必要な5つのステップ」

ステップ1、ビジョン共有
ステップ2、対話文化
ステップ3、リーダーシップ
ステップ4、仕組み化・財産化
ステップ5、組織の可能性の開花

===

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。
実体験、実例を元にまとめた全8通のメッセージが無料で読める!
メールマガジンはこちら↓

介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

by

ちょっと高級なディナー1回の代わりに「コーチ」を選ぶと良い理由

こんにちは。
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ 矢野圭夏です。

 

8月になりました。
夏バテ、夏カゼ、誘惑は多いですがしっかりメンテナンスして元気にまいりましょう。

 

BI:soinブログでは書籍紹介もしていますが、嬉しいことに7月4日ご紹介の書籍にたくさん反響がありました。

まだの方はこちら
過去からの学習を超えて未来に学ぶ―「マンガでやさしくわかるU理論」

 

U理論って言葉は聞いたことある!

スピリチュアルなやつ?

なんか難しそう・・・

さまざまな印象をお持ちかもしれませんね。
わたしの解釈はこうです。
「出現する未来から学ぶ」体験は、あなたとあなたの大切な人の可能性をひらきます。

 

体験した人しか味わえないご褒美であり、私は認定コーチとしてその体験をサポートする個人セッションをご提供しています。

ご興味のある方はこちらご訪問ください。(矢野個人のサイトへリンクします)
ManableGate 関係コンディショニングコーチング/お客様の声

 

 

さて。
今日のタイトルは攻めてみました。

ちょっと高級なディナー1回の代わりに「コーチ」を選ぶと良い理由

 

たまには本業の話を。(いつもは違うんかい、というセルフ突っ込み。)

 

わたくし、NLPマスタープラクティショナーという認定を受けておりまして
NLPというコミュニケーション心理学を学んで5年が経ちます。
そして4月から再受講しています。

==================
NLPについて詳しくはこちら
閏ひさみ 公式サイト
NLPリーダーズコーチング
菊池龍全トレーナー 公式サイト
==================

(↓たぶん一生の付き合いになる学びの仲間)

20130512_鮴榊・NLP讒禄20130512-IMG_1016_Hiroaki_Fukami.jpg

2012年8月、職場内コミュニケーションに端を発する人生最大の挫折の時に閏ひさみと出逢い、NLPを学ぶことで「自分と向き合う」、「自分のパターンを超える」、「ありたい自分にすでになっている」を実践し、V字回復を果たしました。

変わりたい、でも変わりたくない、だってこの自分で生きてきたんだもん!!
今まで大事にしてきたことを捨てるなんでできない!
そんなの「わたしらしく」ない!

(以上、魂の叫び)
さまざまな葛藤と向き合い、学びと実践を繰り返した1年でした。
世の中の生きづらさの80%(この数字に根拠はありませんが)は自分がつくっていると分かり、どんな自分でいたいか、どんな世界で生きたいか、すべては自分でつくることができると気づけたことで、ずいぶんと生きやすくなりました。

 

 

努力で何でも手に入れてきた私が、どうしても手に入れられなかったもの

幼少のころよりコンプレックスが多くて、「できない」ことを努力や根性で「できる」に変えて、後発的に自信を身に付けてきた人生です。

典型的な目標達成型で負けずぎらいで、人との競争で燃えるタイプ。

「欲しいものを手に入れるためには苦労しなければならない」
「目標達成のためには困難や努力が必要だ」
「できる自分にこそ存在価値がある」

という強いビリーフ(信念・価値観)がありました。

 

私を支えてくれた大切な価値観です。

 

ですが、2012年、自分ひとりの努力では得ることのできないものもある、と知り愕然とします。

「人の心を動かす」こと。

正しさを振りかざすだけでは、人は動いてくれない。
どれだけ一生懸命に正論を説いても、心は動かない。

 

人生のターニングポイントについてはこちらのメルマガで綴っていますので、深い部分を知り方はご登録ください。(全8話、無料です)

介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

 

(↓若かり日の私。コーチングセッションの練習中)

20130512_NLP鹿児島様

人間もOSのバージョンアップが必要

話を現在に戻します。

 

初めての学びから5年を経て、人生最大の挫折とV字回復の立役者であるNLPを再受講しています。

それはなぜか?

自分自身のOSのバージョンアップのためです。

 

新たな価値観で生きる心地よさは定着していますが、ステージが変わると出くわす課題も変わり、出会う人も変わります。
また違う次元で、自分と向き合い、他者と向き合うわけですね。

パソコンも時代に合わせてバージョンアップするように、人間もバージョンアップしていくことで、よりしなかやに、より強く、自分らしさを発揮できるようになりぐぐーんと世界が拡がります。

 

理由はもうひとつあって、トレーナーである菊池龍全さんがご自身の病気(生死にかかわる体験)を克服して、「命を懸けて伝えたい」と鹿児島でご指導くださる学びの場を感じたいと思ったのです。

 

先日の受講後にふと感じたことがありました。

「苦しんで乗り越えて成果を得る」自分から
「楽しんで実現して軽やかに変革していく」自分へのチェンジです。
「誰かのために」という使命感や責任感を手放し、「好きなことをただひたすたに探究して大好きな世界を広げていく」にコミットする結果が、誰かのためになる。

頭ではわかっていたことですが、今やっと身体や心が追いついてきたなという一致感があったのです。

新しい服や靴が身体に馴染むのに時間がかかるのと同じように、新しい価値観が馴染むまでにも時差があるんですね。

 

(↓私の変化をずっと見守ってくれる閏ひさみです)

無題

 

 

コーチという職業は、人様の人生に関わるお仕事です。
だからこそコーチ自身の軸がしなやかで整っていることが、クライアントの成果のための大前提になります。(私は今日も温泉でメンテナンス・・・)

これまで大切にしてきた古いパターンも含んで、超えて、さらに豊かな人生をつくるお手伝いをさせていただけるこの仕事に出逢えて感謝しています。

実は、プロスポーツ選手でなくとも、経営者でなくとも、会社員の方が専属コーチをつけてもいいんじゃないかと思っているんですが、まだ世の中が追い付いてきませんね。

ちょっと高級なディナー1回で自分を満たす代わりに、私たち「コーチ」を選んでいただけると嬉しいです。

 

 

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

13608083_883978358374856_1653491292_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ
矢野 圭夏

人間関係のこじれ、もつれをエネルギーに変える
「関係コンディショニング」で本領発揮に火をつけます。