by

正社員宣言:マインドセット

皆様 こんにちは。

コミュニケーション能力開発トレーナー
&健康経営アドバイザーの上村ひさみ(うるう)です。

芽吹きの春がやってこようとしております。

さて、今日はじわじわじわじわと
時間をかけて効果が出てくる漢方薬のような
人材育成手法についてお伝えいたします。

それは『正社員宣言』というセレモニーです。

ずーと以前のブログで、アルバイトであれパートであれ社員であれ
会社の規模が二人であれ、大勢であれ、そんなことに構わず
絶対に取り入れてほしいこととして「初日の朝一番に行う入社式」についてお届けしました。

そういう取り扱いがなく、ただ業務の説明で初日朝一番をスタートした時と
初日の朝一番に15分間割いて入社式を執り行って差し上げた時とでは
マインドセット(心構え)が絶対に違ってくるので、絶対にして差し上げてという話でした。

何事も最初が肝心① 2016年3月6日付記事
何事も最初が肝心② 2016年3月22日付記事

アルバイトからある程度お仕事を覚えて、めでたく正社員に移行する暁には
この晴れの日に「正社員宣言」を行うことをおすすめします。

それは何をするのかと言うと
その対象スタッフに、正社員一日目に他のメンバーにあなたの正社員としての
宣言を聴いてもらう時間を持つので、それを自分がしたい方法で準備してくださいと
促すものです。

これを行っていただくことでの効能は
① 正社員としての自分について考える機会となる
② 正社員としての誓いを他のメンバーに聴いてもらっておくことが仕事への踏ん張りを生む
③ どういう場でどんな風に聴いてもらったらいいのかを考え実行するトレーニングとなる
④ オフィシャルな場で、自分の誓いを伝える経験値を積める
⓹ アルバイトから正社員として移行したことへの自覚の醸成
です。

そして、この時に誓ったことは、本人の中にしっかりと根ざし広がっていきます。

対象者に何をどう促せばいいか、
どう段取ればいいか整理しておきます。

① 正社員初日に、「正社員宣言」をしてもらう旨を伝える
② 「正社員宣言」とは、アルバイトから正社員になってどういう成長をするのかをメンバーに宣言するものだと説明する
③ 「正社員宣言」を自分らしく創ってもらう ※前回したスタッフを相談役としてもいい。
④ それをどんな場で、どのメンバーに発表したいか計画してもらう
⓹ それを実行するために、どんなサポートが必要か申し出てもらう
⑥ メンバーにその場へ招待をかけ、出欠を訊ねる
⑦ 当日実行
⑧ その他のメンバーから、励ましのメッセージをもらう

実はほぼ一年前にしてもらったケースがあります。
現在、正社員宣言をしたスタッフさんは、その後メキメキ力を付けて
会社の柱を担ってくれる存在として頭角を現してきています。

将来に、少しの手間ひまで大きな力が育まれるマインドセットとなる
「正社員宣言」ぜひご活用ください。

※ この件について、もっと詳しくお知りになりたい方は
ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

====

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
健康経営アドバイザー
上村ひさみ(うるう)

=====

 

by

子どもの誕生日のように、会社の創立記念日を祝おう ~マンネリ周年行事をチーム力アップの機会に~

こんにちは。
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ 矢野圭夏です。

 

本日9月19日は、閏ひさみ改め上村ひさみの会社、オフィス・イエローシードの創立記念日。

\おめでとうございます/

 

私たちBI:sionは、それぞれ自分の事業体を持っていて、案件によって1人だったり2人だったり最善の体制でお客様をサポートさせていただいています。
私の屋号であるManableGateの創立記念日は9月6日なので、2人?とも9月生まれということですね!

 

さて、今日のタイトル「子どもの誕生日のように、創立記念日を祝おう」ですが、きっと誰しも「記念日」は嬉しいもので、生涯大切にしたい記憶でしょう。

 

lgi01a201403210500

誕生の奇跡

人がこの世に生まれることも、会社がこの世に生まれることも、等しく「誕生の奇跡」。

 

創業したばかりで従業員も少ないし祝うこともないよ、と照れてしまう創業者もいるかもしれません。

何十年も続く企業で創業者も代替わりをしていると、創業当時の想いを分かち合うメンバーも少ないかもしれません。

 

もし形式だけの「周年行事」で満足しているなら、それは間違いです。

なぜなら、普段言えない「ありがとう」を伝えるチャンスだから。

 

長年付き添った夫婦が、結婚記念日に思い出のレストランで食事をしたり、感謝の気持ちを伝え合ったりするように。
1日1日の積み重ね、365日の苦楽を共にするパートナーへのねぎらいは、心温まるものです。

 

会社というひとつの生命体が誕生するにはエネルギーがいります。
ですが創業の苦労話を喜んでする経営者もいないでしょう。

「記念日」だからできること。

胸に秘めた気持ちを伝えあう。
今ここに共にいることを確認しあう。
これから積み重ねていく未来を語りあう。

 

普段言えない「これからもよろしくね」を伝えるチャンスなのです。

 

外部人材だからできること

周年行事を活用したビジョン共有プログラムでは、まず経営者様のヒアリングからはじまりオーダーメイドのプログラムをご提案します。
社内人材ではない外の視点が加わることで、周年行事の意義を考えたり、自分たちの仕事の価値に気づいたりすることができます。

 

周年行事の見た目は記念式典ですが、対話を中心にしたワークショップ形式で、ただ座っているだけではありません!とにかく身体も頭も動かしていただきます。

 

もちろん当日までのプロセスも大事にしています。
プログラムづくりに関わる社内人材の育成も同時進行でおこないますので、担当者にとって企画力や交渉力、ファシリテーション力などを実践的に身に付ける機会としてもご活用いただけます。

 

どんな様子?とご興味を持ってくださった方はこちらをどうぞ。
周年行事プログラムをご活用くださった企業様の事例をご紹介しています。
https://bision.jp/solution/anniversary/

 

「ありがとう。これからもどうぞよろしく。」の気持ちを楽しみながら伝えたい。

その機会を私たちにプロデュースさせてください。

 

 

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

13608083_883978358374856_1653491292_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ
矢野 圭夏

人間関係のこじれ、もつれをエネルギーに変える
「関係コンディショニング」で本領発揮に火をつけます。

■あわせて読みたい!周年行事にまつわるコラムはこちら

「創業者の思い」の持つパワー (2017年8月9日掲載)

[実践報告] ビジョン式入社式を実行された会社さんから (2016年6月14日掲載)

by

中小企業の経営者がしている周年行事にまつわる3つの勘違い

今週は閏ひさみが、中小企業の経営者が周年行事に関してよくしている3つの勘違いについてお届けします。

shunengyoji5※ とある会社の16周年行事の模様。社員さん勢ぞろいの図。

今日は中小企業の経営者の方が、周年行事に関してよく勘違いしている3つのことについてお伝えします。

1.周年行事は大きな節目の年に実施するものだ。

周年行事は、10周年記念、25周年記念とか大きな節目にて開催するものだと思っておられたら、それはとても大きな機会損失となります。なぜなら、年に一度毎年来る創立記念日は、会社そのものにとっても、そこで働いておられる社員さんにとっても、共通の祝い事であり、積み重ねてきた時間を共に振り返れる嫌味の無い自然な機会だからです。この機会を有効活用して、現状打破や、チャレンジのあるムードづくりにつなげられるかどうかは、経営の内容を左右するポイントとなります。 

周年行事は大きな節目の年に実施するものだ。という勘違い改め
→ 周年行事は、毎年実施するものだ!!

kenshusozai8

2.周年行事は対外的な式典だ。

周年行事は、対外的だけでなく、実は3種類存在しています。社外にむけて「日頃の感謝」と「今後も変わらぬお引き立て」を伝える機会として、社内に向けて「一体感」や「愛社精神」の育成の機会として、社外的な目的と社内的な目的を合わせた機会としてです。対外的なことばかり優先すると、社員さんたちはその準備に走り回るばかりで、自分の会社を同僚と、そして経営者と祝うという気持ちを余り持てないという本末転倒なことが起こりがちです。周年行事の主役の優先順位ナンバー1は、社内に向けてです。

周年行事は対外的な式典だ。という勘違い改め
→ 周年行事は、まずは社内に向けての式典だ!!

③周年行事は立派な会場で、じっくり時間をとってやるべき式典だ。

そう思っているすると、周年行事の実施に対して予算的にも時間的にも一気にハードルが上がってしまうものです。そこで二の足を踏み、実現されないままになるのは余りにもったいないことです。リーズナブルな会場でも、タイトルと少し大きめのお花のアレンジぐらいあれば、そこは立派な会場になり得ます。時間も2時間もあれば実施できます。一年に一度、2時間皆で時間を重ねて、会社のビジョンを確認し、仲間との目標、自分の目標を定めるが大事です。

周年行事は立派な会場で、じっくり時間をとってやるべき式典だ。という勘違い改め → 周年行事は、シンプルな会場、シンプルな設え、そして2時間あればできる式典だ!!!

shunengyoji1

いかがでしたか? では、まとめてみましょう。

1.周年行事は、毎年実施するものだ!!
2.周年行事は、まずは社内に向けての式典だ!!!
3.周年行事は、シンプルな会場、シンプルな設え、そして2時間あればできる式典だ!!!  

一年に一度のこの機会をぜひ活かせる経営者であってください。

ーー

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏 ひさみ

ーー

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。
全8通のメッセージをぜひお受け取りください。

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた無料メールマガジン(全8通)

介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

===

ひとりひとりのリーダーシップを育むための対話の場づくりで、組織を成長スパイラルへ導きます。

「周年行事を活用したビジョン共有」プログラムの詳細はこちらです。

 

by

心が通い合う周年行事なら人材育成コンサルティングファームビジョン!

皆さま こんにちは。

人材育成コンサルティングファームビジョン
コミュニケーション能力開発担当コンサルタント 閏ひさみです。

タイトルに『心が通い合う周年行事なら人材育成コンサルティングファームビジョン!』と書きましたのは、昨日、ご縁あるとある会社の周年行事の運営を実行し、やっぱりこのように言われよう!ともう一人のコンサルタント矢野と、心を確認しあったからです。

14469439_938700499569308_4891125216073617547_n※ ↑ ↑ いま、スタッフの皆さんは別の部署の存在意味や感謝項目について話し合いを持っておられるところです。仲間への感謝が渦巻いている職場は力を生みます。

そもそもこの周年行事企画は、かつては会社のメンバーと共に行っていた「社員旅行」「運動会」「飲みにケーション」の中でじわじわ、じわじわ数年かけて育まれていた「つながり」や「一体感」をもっと短い時間で育成できないものだろうか? という問いから企画は始まりました。

ilm01_bb02015

なぜなら、今の会社や社会の状態から考えても、かつてのようには「社員旅行」「運動会」「飲みにケーション」が実行されることのない感性になってきているからです。もちろん好きな方の存在を否定しているわけではありません。ただ昔と比べると全員がそれをやりたいと思わなくなってきたという意味です。

社員旅行を企画すれば「会社のみんなと旅行なんてありえません!」
運動会の復活を言えば「準備のことを考えたらコスパ悪すぎです!」
会社帰りに飲みに誘えば「別にすることあるからイイっす!」

上の言葉は実際に特定の誰かが言った言葉ではありませんが、このようなことを感じる感性を皆さんお持ちでいらっしゃるようになり、個人主義の徹底によりそれを表現してもいい風潮があるようになっているからです。

もし、今、私自身が会社員だったとして、会社のみんなと旅行に行きたいか?と訊かれると答えは「NO!」ですし、みんなで運動会しようと言われても、子ども時代から好きではない行事だったので、大人になってまでしたくないと思うし、飲みに誘われても、話題が夢のある発展的な方とは行きたいけど、誰がどうだという自分以外の話をする批評家みたいな方とはまっぴらご免だと思うタイプですから、その活動には乗っかれないなあと思ってしまいます。

 

時代を超えて共通の体験が組織にもたらすもの

でもでもでも、普段の会社の日常業務の中だけでは育めないものの”とある大切な部分”をあのイベントの場たちは担っていたと数々の場づくりの経験から感じているのです。

そしてそれは「誰にとっても、縁あって身を置いている場所が『楽しく働ける職場』であってほしい」というビジョンの願いをかなえるためには、組織内に必須の項目なのです。

その項目について、共通体験があると人と人はよいつながりを育めます。いいチームワークのベースとなる一体感を育めます。結束力が増していきます。

そんなうまい話があるものか?と思われた方もいらっしゃるでしょうし、やっぱりそこ大事だよねと思われた方もいらっしゃると思います。どちらの反応も私はあって当然だと思います。

ここしばらく、ブログには、なぜビジョンは周年行事にこだわるのか 書いていこうと思っています。

昨日実行した会社のメンバーからの感想に、「周年行事の場で初めて同じ職場で働く人たちの顔をゆっくり見ることができた。」 という感想がありました。この機会を通じて、ともに働く仲間の顔をゆっくり見てもらえたそうです。今回の周年行事、ちょっと勇気をだして社長にご提案さしあげてよかったなと思う気持ちにつつまれました。

14492492_938700542902637_7171845124060212505_n※ こんな顔をして周年行事終了後の懇親会に参加していました。いつも以上にすっかり緩んでおります。

ビジョンの願いは、「誰にとっても、縁あって身を置いている場所が『楽しく働ける職場』であってほしい」。 それだけです。 皆さまのお蔭で、至福の時間を頂きました。ありがとうございました。

ーー

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏 ひさみ

ーー

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。
全8通のメッセージをぜひお受け取りください。

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた無料メールマガジン(全8通)

介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

===

ひとりひとりのリーダーシップを育むための対話の場づくりで、組織を成長スパイラルへ導きます。

「周年行事を活用したビジョン共有」プログラムの詳細はこちらです。

 

by

[実践報告] ビジョン式入社式を実行された会社さんから

こんにちは。
人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発担当コンサルタント 閏ひさみです。
今日もサイトを訪問いただきまして、ありがとうございます。

経営者、若きリーダーのためのビジョンブログは毎週火曜日更新
コンサルタントの閏と矢野が隔週でお届けしています。

今週は、以前このブログでご紹介していた
ビジョン式入社式を実行された会社さんのご担当者さまから
お喜びの声の実践報告が届きましたので
そのご報告をさせていただきます。
images
ビジョン式入社式関連記事
何事も最初が肝心①
何事も最初が肝心②  

ご担当者さまから届いたメールです ↓

”ブログを印刷して ポイントを抑えながら進行しました! 1点だけ後悔が、社長挨拶の後の 入社社員に「期待に答えてくれますか」を 「今のビジョンの話を聞いて感想ありますか」と伝えてしまい 一人反省してました><;

ギリギリまで内容を確認して 暗記するようにしてたのですが上記1点が後悔です。 (伸びしろデス!)
反省もありましたが考えないで行う入社式よりは 凄く意味のあった入社式になったと思います!” 

ーー
更に今回入社された方の様子について尋ねると
ーー

目の奥に炎がみえました! 火がつきました!”

ーー
とのこと。

更に先述の言葉に関して
凄く意味のあった は、どういう種類の意味ですか?
とお尋ねしましたところ

ーー

”伝えられた相手もそうなのですが、 自身で試みる事で不安もありましたが、色々な気付きや成長がありました。
①関係の無い話で折られそうになっても、 冗談にのまれずに、目は真剣のままで伝えて (社長から怖いと言われましたが) 真剣さを伝えられました。
②後輩に対して一番大切な心の在り方を伝えられた達成感
相手に伝えるという事に向き合ってギリギリまで悩んで 本当に「伝える」という術を微力ながらも覚えました! そういう時間が凄く意味のあるものに思えました。 説明が下手ですがこんな感じです!”
ーー
という内容でした。
入社式の場づくりをされたご担当者様に、心からの大きな労いの拍手を送ります。
3f926579※ これは乾杯だ! 拍手はこちらです!素晴らしいですね。 14343652-Illustration-Featuring-a-Clapping-Smiley-Stock-Illustration-emoticons
正直言いまして、場づくりって実践トレーニング無きままだと本当に難しいんです。

矢野ともいつも鍛錬だね と言っています。なぜなら、場の空気は生ものだからです。どれもリハーサルなしのライブだからです。

まして、入社式はこの会社の場に対する”マインドセット”を行わないといけないので、更に難しいのです。 が、このご担当者さまのお気持ちが、しっかり新入アルバイトの方へ伝わったことで、少しくらいセリフが足りなくても、目の色に変化が起こりました。十分に会社の場に対してマインドがセットされました。

これは、入社式進行のご担当者さまの在り方が、相手に引き起こしたことです。
本当に素晴らしいです。

ーー

また、入社式をご自身たちで心を込めて、実行されたことで、この会社さんのステージに確実に変化が起こりました。自分たちでこの場が作れたということは、自走し学習する組織に踏み出されたということです。ビジョンブログを読むだけでなく、どしどし実行して、属する価値の高い組織に成っていっていただけるとこんなに嬉しいことはありません。

益々の組織の充実をお祈り致しております。

引き続き、ブログを読んで、こんなこと実行してみましたのお便りお待ちしております。

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏 ひさみ

===

■あわせて読みたい!書籍紹介編
人の成長は視点の在りかで図れる。トップが従業員に伝えづらいニュアンスが言葉になった本。「すべてが見えてくる飛躍の法則・石原明著」 
(6月4日掲載)

人の成長にも“理論”がある。リーダーのあり方・関わり方の基本書「U理論入門」 
(5月3日掲載)

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた
無料メールマガジン(全8通)
介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

===

 

 

by

何事も最初が肝心!①

こんにちは。

若い経営者の方に思いを寄せていると
若い経営者と出逢う機会が増えている
コミュニケーション能力開発トレーナーの閏です。

第2.4火曜日は閏がお届けします。

ーー

今日は[入社式のすすめ]についてです。

なぜ、このテーマなのかというと
数年来、人材の件でお付き合いのある若い経営者に
先日、「やっぱり入社式いいですよね」 と
あらためて言われたからです。

その経営者は最初2年は一人で起業し一人の事業所でした。
その後社員を一人採用し、
その1年数ヵ月後にパートスタッフを一人採用
その半年後にアルバイトスタッフを一人採用と
じわじわと人手と売上げを増やしている経営者です。

その若き経営者が、先日
「やっぱり入社式いいですよね」と言ってくれました。

そうなんです。
やっぱりいいんです、入社式。

会社に人が増える毎に、
その方の最初の出勤日に
社長と一緒に入社式を開催して参りました。

o0429028513548009234

そして、巷を眺めてみると
4月に新卒正社員にしか行われていない儀式のようですね。

これは、組織運営にとって
とてももったいないことなのです。

それはまるで
”働き甲斐の井戸を掘る”機会を損失しているかの如くです。

この手間暇を惜しむことは、結果、本当にもったいないことなのです。

だって、何事も最初が肝心っていうじゃないですか!
なぜ肝心なのか、人の心理を学んで深く腑に落ちました。

社員だけでなく、会社に関わってくださることになった
パートスタッフやアルバイトスタッフの入社時にも
是非、実行して欲しいと思っています。

とは言っても、
毎回そんな大層なこともできるものではありませんので
時期もまちまち、会場もごくごく小さな会議室で
時間も20分くらいのもので十分なのです。

そんな、ままごとみたいな とか
子どもじみている とか
今、心の中でつぶやいた経営者さんいるのでは??

そう思われても仕方のないくらいの
可愛いサイズです。

でも、私が声を大にして言いたいのは
それでも、その気持ちを乗り越えて
入社式をして差し上げて欲しいのです。

最初が肝心なのは
物事の最初の時期に、どういう気持ちの在り様をセットしたかが
その後のパフォーマンスに大きく影響を及ぼすからです。

特に、スタッフさんに対して
自社の社員としての自覚が足りない とか
自分の役割が分かっていない とか
現在不満をお持ちの社長の会社では
これからでも取り入れて欲しいと思っています。

この入社式の20分は
組織運営にとってものすごく有効な投資となります。

ーー

スタッフさんにどんな効果があるかというと
□ 会社の一員として大切に迎えられた実感を持てる
□ 会社の大切なビジョンを共有する機会を持てる
□ 自分の言葉でこの場での在り方について宣言できる
□ この会社との出会いの最初の時期に大切に扱われたと感じられ、
入社してよかったの思いが高まる

です。

20分でこの効果ってすごいと思いませんか?

式次第は写真の通りです。
12472553_1029055423820214_56071402884132164_n

とっても普通でしょ!

これをどう活用して
スタッフの在り方やパフォーマンスに対して効果をを高めるのかと、
若い経営者にとってどんな効果があるのかは
何事も最初が肝心②にてお読みください。

では、年度末、張り切ってまいりましょう。

==

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏 ひさみ

===

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた
無料メールマガジン(全8通)
介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

■次世代リーダーを育成したい社長には
周年行事を活用したビジョン共有プログラム

■クリアになった思考で未来のことを考えたい社長には
ビジョンエクスプローラー

がおススメです。

===