by

ビジョンが組織を強くする。今こそ「旗」を立てるとき。

こんにちは。
関係コンディショニングコーチの矢野圭夏です。

3月1日。
個人的に慌ただしい2月でしたが
三寒四温を経て桜の季節に向かいますね。

第1、3火曜日は矢野ブログです。
タイトルはずばり「ビジョンが組織を強くする」。
私たちのチーム名であるBI:sion(ビジョン)にも、
共通の想いが込められています。

先日受けたセミナー
「超保育士不足の一手!“仕事”から“志事”へ
ビジョンを実現する人事評価制度作成のポイント」

こちらで得たヒントも交えてブログをお届けします。

 

2 (1)

長く、医療介護業界の人材育成をしておりまして
相談に伺うとどの施設さまも「人手不足」とおっしゃいます。

お話を聞いていくと、実は経営者の方よりも
現場で働く方の「人手不足」感が強いことが分かります。

現場からの「人を入れてください」という要望と
経営者の「今いる人でうまくやってほしい」という本心。
ここにコミュニケーションのねじれが生じ
当事者間では乗り越えられない状況になって
私たちにご相談があがってくるのです。

「人手不足です」

「じゃあ採用しましょう」

資金が潤沢なら採用もいいですが
これでは、採用コストや人件費がかかり
教育にも時間がかかりますよね。

現場で何が起きているのか?
今のスタッフが訴えてくる真意は?

「人手不足」の問題は「人手不足」ではない。(かもしれない)
そのことに気づく経営者と気づかない経営者では
組織の成長に大きな差があると感じています。

2

セミナータイトルにある “仕事”から“志事”へ
スタッフの仕事が単純作業になり、「やらされている」感があれば
「こんなにやっても報われない」と、口をとがらすでしょう。

ビジョンを示すことは経営の旗を立てること。

「何のために」
「何を目指して」

あなたがしっかり旗を立て社内で共有されていれば
多少、苦しい場面があっても
「今は大変だけど、あの先まで頑張ろう」
と励まし合い、取り組んでくれるはずです。

私の過去の失敗談ですが
自分の思い込みで立てた旗には、誰もついてきてくれません。

現場スタッフの想い
「あんな風になりたい」「こんな仕事がしたい」
その夢を乗せた船(会社)として「旗」を立てるのです。

スタッフがその船に乗り、どんな航路を描いているのか。

ビジョンを実現するために
「あなたのことをちゃんと見ていますよ」
そんな”ねぎらいう気持ち”の表れが、人事評価制度でもあります。

というわけで少し長くなりましたが
私たちBI:sionの由来でもあるテーマでお届けいたしました。
最後までお読みくださりありがとうございました。

人材育成コ13608083_883978358374856_1653491292_nンサルティングファーム ビジョン
関係コンディショニングコーチ
矢野 圭夏 (別名:着火ウーマン)
==
■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた
無料メールマガジン(全8通)
介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

■次世代リーダーを育成したい社長には
周年行事を活用したビジョン共有プログラム

■クリアになった思考で未来のことを考えたい社長には
ビジョンエクスプローラー

がおススメです。

===