by

何事も最初が肝心② 

こんにちは。
桜の開花宣言が各地であがっていますね。
鹿児島はまだです。
今年の桜に逢うのが待ち遠しくてたまらない
コミュニケーション能力開発トレーナーの閏です。

今回は
何事も最初が肝心①の「入社式」に関する記事を受けて
具体的にどのようにその場を創るのかについて
肝心なところを解説します。

カチッとマインドをつくる入社式を是非実行してください。

ーーー

12472553_1029055423820214_56071402884132164_n

事前準備① 辞令の準備

社風に合ったデザインや言葉で辞令を作成しておく。

事前準備② 空間の設定

ホワイトボードに、ここは何の場だよと
当たり前に理解できるように場の名前を書く

入社式の場合は
・・・・社 ・・・・・・・さん 入社式

そしてその下に
写真のように式次第を提示。

事前準備③ レイアウト準備

式次第にそって事が進んだときに
各人の動線や、参加者の人数などを考えた距離感での
机・物の移動、椅子の配置をする

先日立ち会ったミニ入社式の場合は

ホワイトボードに向かって
左側に新入スタッフが見える形で社長の椅子
真ん中に新入スタッフの椅子右側に全体が見える形で司会者の椅子
という3人の場でした。

もし別途に他のスタッフがいらっしゃるならば
同席させますので、会場の広さに応じて社長の隣か
新入スタッフの後ろ側に席をつくります。

また、他のスタッフからの歓迎の言葉をもらうタイミングを
社長挨拶の前に作りましょう。

ーーー ここまでが空間の設定 ーーー

ーーー ここからは マインドの設定 --

この場はおしゃべりの場ではないので
出来る範囲で厳かに!
※ 可能なら厳か目の音楽も流しておくと効果的です。

司会者は先に定位置に立っておく
社長・新入スタッフをお迎えする。

椅子の前に二人が落ち着かれたら
落ちついた声と表情で開会宣言。
※ 司会者が照れたり、にやけたりしたら場が絞まりません。
司会者は厳かに、にこやかにです。
※ 司会者が緊張しすぎてガチガチでは、新入スタッフもガチガチになります。
程よい緊張感でいてください。

「これから・・・・社・・・・・さんの入社式を始めます。一同礼!」

一同で礼

「ご着席ください。」

社長・新入スタッフ・スタッフ着席

後は
社長ご挨拶
社長に歓迎の気持ちと
会社のビジョンを語ってもらいます。

スタッフの出席がある場合は、このタイミングで
歓迎の言葉をもらいます。

辞令交付に移る前に
新入スタッフの名前を呼んでお立ち頂いたときに

「今、社長からビジョンと夢のお話がありました。
・・・・さん、このビジョンと夢の実現のために
この会社で持てる力を発揮してくださいますか? 」

と一言、質問します。

新入スタッフからのお返事を待って、辞令交付と移ります。

※ このお返事の瞬間に新入スタッフさんのマインドに会社と一員としての自覚の種が設定されます。 儀式の時間というのは、自然にマインドをセットするためにとても重要で必要な時間です。

社長からの辞令交付

新入スタッフからのご挨拶

※これが決意表明となります。人は自分でした約束は無意識に果たそうと努力する存在です。 存分に初心を語っていただき、社長・スタッフと共にこの場の立会い人となりましょう。人の決意表明に立ち会って拍手を送った人は、無意識に応援する存在となります。

新入スタッフからの言葉を存分に受け取ったら閉会です。

大きな拍手で終えましょう。

いかがでしょうか?

新入スタッフとして、このように迎えられたら・・・?
社長として、このようにお迎えできたら・・・?
スタッフとして、このように仲間に加わってきたら・・・?

ぜひ、それぞれの立場で
この場をイマジネーションを膨らませながら振り返ってみてください。
次回、私の担当は4月12日で、すっかり葉桜の頃でしょうねえ。

 

33045-05

第1・3週火曜日担当の矢野が
スタッフ採用前の準備について情報提供しております。
流れる同じスピリットお感じいただけたら嬉しいです。

では、この春も存分に桜を楽しみましょう。

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏 ひさみ

===

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた
無料メールマガジン(全8通)
介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

■次世代リーダーを育成したい社長には
周年行事を活用したビジョン共有プログラム

■クリアになった思考で未来のことを考えたい社長には
ビジョンエクスプローラー

がおススメです。

===