by

中小企業の経営者がしている周年行事にまつわる3つの勘違い

今週は閏ひさみが、中小企業の経営者が周年行事に関してよくしている3つの勘違いについてお届けします。

shunengyoji5※ とある会社の16周年行事の模様。社員さん勢ぞろいの図。

今日は中小企業の経営者の方が、周年行事に関してよく勘違いしている3つのことについてお伝えします。

1.周年行事は大きな節目の年に実施するものだ。

周年行事は、10周年記念、25周年記念とか大きな節目にて開催するものだと思っておられたら、それはとても大きな機会損失となります。なぜなら、年に一度毎年来る創立記念日は、会社そのものにとっても、そこで働いておられる社員さんにとっても、共通の祝い事であり、積み重ねてきた時間を共に振り返れる嫌味の無い自然な機会だからです。この機会を有効活用して、現状打破や、チャレンジのあるムードづくりにつなげられるかどうかは、経営の内容を左右するポイントとなります。 

周年行事は大きな節目の年に実施するものだ。という勘違い改め
→ 周年行事は、毎年実施するものだ!!

kenshusozai8

2.周年行事は対外的な式典だ。

周年行事は、対外的だけでなく、実は3種類存在しています。社外にむけて「日頃の感謝」と「今後も変わらぬお引き立て」を伝える機会として、社内に向けて「一体感」や「愛社精神」の育成の機会として、社外的な目的と社内的な目的を合わせた機会としてです。対外的なことばかり優先すると、社員さんたちはその準備に走り回るばかりで、自分の会社を同僚と、そして経営者と祝うという気持ちを余り持てないという本末転倒なことが起こりがちです。周年行事の主役の優先順位ナンバー1は、社内に向けてです。

周年行事は対外的な式典だ。という勘違い改め
→ 周年行事は、まずは社内に向けての式典だ!!

③周年行事は立派な会場で、じっくり時間をとってやるべき式典だ。

そう思っているすると、周年行事の実施に対して予算的にも時間的にも一気にハードルが上がってしまうものです。そこで二の足を踏み、実現されないままになるのは余りにもったいないことです。リーズナブルな会場でも、タイトルと少し大きめのお花のアレンジぐらいあれば、そこは立派な会場になり得ます。時間も2時間もあれば実施できます。一年に一度、2時間皆で時間を重ねて、会社のビジョンを確認し、仲間との目標、自分の目標を定めるが大事です。

周年行事は立派な会場で、じっくり時間をとってやるべき式典だ。という勘違い改め → 周年行事は、シンプルな会場、シンプルな設え、そして2時間あればできる式典だ!!!

shunengyoji1

いかがでしたか? では、まとめてみましょう。

1.周年行事は、毎年実施するものだ!!
2.周年行事は、まずは社内に向けての式典だ!!!
3.周年行事は、シンプルな会場、シンプルな設え、そして2時間あればできる式典だ!!!  

一年に一度のこの機会をぜひ活かせる経営者であってください。

ーー

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏 ひさみ

ーー

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。
全8通のメッセージをぜひお受け取りください。

■組織におけるリーダーの在り方を、実体験、実例を元にまとめた無料メールマガジン(全8通)

介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

===

ひとりひとりのリーダーシップを育むための対話の場づくりで、組織を成長スパイラルへ導きます。

「周年行事を活用したビジョン共有」プログラムの詳細はこちらです。