by

ちょっと高級なディナー1回の代わりに「コーチ」を選ぶと良い理由

こんにちは。
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ 矢野圭夏です。

 

8月になりました。
夏バテ、夏カゼ、誘惑は多いですがしっかりメンテナンスして元気にまいりましょう。

 

BI:soinブログでは書籍紹介もしていますが、嬉しいことに7月4日ご紹介の書籍にたくさん反響がありました。

まだの方はこちら
過去からの学習を超えて未来に学ぶ―「マンガでやさしくわかるU理論」

 

U理論って言葉は聞いたことある!

スピリチュアルなやつ?

なんか難しそう・・・

さまざまな印象をお持ちかもしれませんね。
わたしの解釈はこうです。
「出現する未来から学ぶ」体験は、あなたとあなたの大切な人の可能性をひらきます。

 

体験した人しか味わえないご褒美であり、私は認定コーチとしてその体験をサポートする個人セッションをご提供しています。

ご興味のある方はこちらご訪問ください。(矢野個人のサイトへリンクします)
ManableGate 関係コンディショニングコーチング/お客様の声

 

 

さて。
今日のタイトルは攻めてみました。

ちょっと高級なディナー1回の代わりに「コーチ」を選ぶと良い理由

 

たまには本業の話を。(いつもは違うんかい、というセルフ突っ込み。)

 

わたくし、NLPマスタープラクティショナーという認定を受けておりまして
NLPというコミュニケーション心理学を学んで5年が経ちます。
そして4月から再受講しています。

==================
NLPについて詳しくはこちら
閏ひさみ 公式サイト
NLPリーダーズコーチング
菊池龍全トレーナー 公式サイト
==================

(↓たぶん一生の付き合いになる学びの仲間)

20130512_鮴榊・NLP讒禄20130512-IMG_1016_Hiroaki_Fukami.jpg

2012年8月、職場内コミュニケーションに端を発する人生最大の挫折の時に閏ひさみと出逢い、NLPを学ぶことで「自分と向き合う」、「自分のパターンを超える」、「ありたい自分にすでになっている」を実践し、V字回復を果たしました。

変わりたい、でも変わりたくない、だってこの自分で生きてきたんだもん!!
今まで大事にしてきたことを捨てるなんでできない!
そんなの「わたしらしく」ない!

(以上、魂の叫び)
さまざまな葛藤と向き合い、学びと実践を繰り返した1年でした。
世の中の生きづらさの80%(この数字に根拠はありませんが)は自分がつくっていると分かり、どんな自分でいたいか、どんな世界で生きたいか、すべては自分でつくることができると気づけたことで、ずいぶんと生きやすくなりました。

 

 

努力で何でも手に入れてきた私が、どうしても手に入れられなかったもの

幼少のころよりコンプレックスが多くて、「できない」ことを努力や根性で「できる」に変えて、後発的に自信を身に付けてきた人生です。

典型的な目標達成型で負けずぎらいで、人との競争で燃えるタイプ。

「欲しいものを手に入れるためには苦労しなければならない」
「目標達成のためには困難や努力が必要だ」
「できる自分にこそ存在価値がある」

という強いビリーフ(信念・価値観)がありました。

 

私を支えてくれた大切な価値観です。

 

ですが、2012年、自分ひとりの努力では得ることのできないものもある、と知り愕然とします。

「人の心を動かす」こと。

正しさを振りかざすだけでは、人は動いてくれない。
どれだけ一生懸命に正論を説いても、心は動かない。

 

人生のターニングポイントについてはこちらのメルマガで綴っていますので、深い部分を知り方はご登録ください。(全8話、無料です)

介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ

 

(↓若かり日の私。コーチングセッションの練習中)

20130512_NLP鹿児島様

人間もOSのバージョンアップが必要

話を現在に戻します。

 

初めての学びから5年を経て、人生最大の挫折とV字回復の立役者であるNLPを再受講しています。

それはなぜか?

自分自身のOSのバージョンアップのためです。

 

新たな価値観で生きる心地よさは定着していますが、ステージが変わると出くわす課題も変わり、出会う人も変わります。
また違う次元で、自分と向き合い、他者と向き合うわけですね。

パソコンも時代に合わせてバージョンアップするように、人間もバージョンアップしていくことで、よりしなかやに、より強く、自分らしさを発揮できるようになりぐぐーんと世界が拡がります。

 

理由はもうひとつあって、トレーナーである菊池龍全さんがご自身の病気(生死にかかわる体験)を克服して、「命を懸けて伝えたい」と鹿児島でご指導くださる学びの場を感じたいと思ったのです。

 

先日の受講後にふと感じたことがありました。

「苦しんで乗り越えて成果を得る」自分から
「楽しんで実現して軽やかに変革していく」自分へのチェンジです。
「誰かのために」という使命感や責任感を手放し、「好きなことをただひたすたに探究して大好きな世界を広げていく」にコミットする結果が、誰かのためになる。

頭ではわかっていたことですが、今やっと身体や心が追いついてきたなという一致感があったのです。

新しい服や靴が身体に馴染むのに時間がかかるのと同じように、新しい価値観が馴染むまでにも時差があるんですね。

 

(↓私の変化をずっと見守ってくれる閏ひさみです)

無題

 

 

コーチという職業は、人様の人生に関わるお仕事です。
だからこそコーチ自身の軸がしなやかで整っていることが、クライアントの成果のための大前提になります。(私は今日も温泉でメンテナンス・・・)

これまで大切にしてきた古いパターンも含んで、超えて、さらに豊かな人生をつくるお手伝いをさせていただけるこの仕事に出逢えて感謝しています。

実は、プロスポーツ選手でなくとも、経営者でなくとも、会社員の方が専属コーチをつけてもいいんじゃないかと思っているんですが、まだ世の中が追い付いてきませんね。

ちょっと高級なディナー1回で自分を満たす代わりに、私たち「コーチ」を選んでいただけると嬉しいです。

 

 

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

13608083_883978358374856_1653491292_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ
矢野 圭夏

人間関係のこじれ、もつれをエネルギーに変える
「関係コンディショニング」で本領発揮に火をつけます。