by

ゲームでコミュニケーション研修の裏側―「人狼」で学べる3つのこと(後編)

こんにちは。
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ 矢野圭夏です。
そろそろ梅雨入りでしょうか。
私事ですが6月は誕生月なのでワクワクしてどこかへ出かけたい気持ちでいっぱいですが、天候が気になってしまい旅行の予定も組めません。

そんな梅雨でも天候を気にせず楽しめるゲームですが、
「ゲームを使った学びの可能性」について前後編でお届けしています。
人狼というゲームの概要は前編でお読みいただいたとおりです。

まだの方はこちら
ゲームでコミュニケーション研修の裏側~「人狼」で学べる3つのこと(前編)

 

ゲームに限らず習い事でも仕事でも、目的をもって取り組むのと、漠然とただ取り組むのとでは成果が大きく分かれることはお分かりですよね。

人狼ゲームで学べる3つのこと。

1.「観る」「聴く」「話す」といったコミュニケーションの基本スキル

2.他者視点から気づかされる自分の特徴や癖

3.チームを勝利に導くための交渉や戦略などの目標達成スキル

1.2については前回ご紹介しました。
一言で言うと、「コミュニケーションのお稽古場」ということです。
今日は3つめをご紹介します。

 

879923402-mark-516279_1920-NN8-1280x853-MM-100.jpg

3.チームを勝利に導くための交渉や戦略などの目標達成スキル

 

人はさまざまな人間関係を生きています。
仕事であれプライベートであれ、望みをかなえるため、得たいものを得るためにプロセスを考えて実行する日々です。そのプロセスは意識的かもしれませんし、無意識的かもしれません。

「人狼」では、村人には村人のゴールと正義があり、狼には狼のゴールと正義があります。
それぞれ仲間と共に相手チームより先にゴールにたどり着くのを目指すのですが、我先にとゴールに向かっても敵の邪魔が入り、うまく行きません。
いかに敵の心中を察し、心をつかみ、行動をミスリードするか、まさに交渉や戦略が求められます。

現在放送中の某ドラマの登場人物は言います。

「敵は味方のフリをする」

誰が敵か味方か、何が障壁なのか、どうすればチームが勝利できるのか。
日常では失敗が許されないことでも、ゲームの中ではチャンレンジも失敗も許されます。
自分や周囲の行動を振り返り、目標達成において何がポイントだったのかを学ぶことは、あなたの人生で大いに助けとなってくれることでしょう。

 

私の経験をお話ししますね。
会社に勤めていた頃なのでもう5年以上前のことです。
いま思い出しても涙が出るくらい情けなくて恥ずかしい想い出ですが、大切なことなので共有させてください。

当時は「チームで勝つ」という概念がなく、「リーダーである私が頑張らなくてはいけない」と息巻いていました。
何でも先回りにして、ひとりで決めて、自分の手柄に酔いしれる。きっと一生懸命だったんですね。
ですが結局、仲間の信頼も得られず空回りばかりでした。
人生最大の挫折を味わい、NLPに出合いV字回復を果たして今に至るのですが
そのエピソードはメールマガジンでお楽しみいただくとして、私の中で変化がありました。
(※メールマガジンのお知らせはコラム最後で)

 

とてもシンプルなことです。

一緒に働く仲間のひとりひとりに持ち味があり役割があり、チームとして存在している。

自分だけがシュートをバンバン決めるエース選手は長くは続かない。

パスを回し、周りを動かし、チャンスをつくることで、みんながシュートを狙える。

当たり前とも言えるとてもシンプルなことですが、想いが強くて一生懸命な人ほど周りが見えないもので、だからこそ「お稽古」が効果を発揮するのです。

おかげさまで今ではずいぶんと柔軟性が高まったなと感じています。

 

最後におさらいです。

人狼ゲームで学べる3つのこと。
1.「観る」「聴く」「話す」といったコミュニケーションの基本スキル
2.他者視点から気づかされる自分の特徴や癖
3.チームを勝利に導くための交渉や戦略などの目標達成スキル

このスキルが欲しい!自分のものにしたい!とピンと来た方はご一報ください。
あなたの直観はあなたを裏切りません。
人生を飛躍させる学びをご一緒できるのをお待ちしております。

私たちビジョンは、

誰もが本領発揮するために、そして誰にとっても縁あって身を置く場所が“楽しく磨き合う職場”であるために、強くしなやかな組織づくりをサポートします。

 

今日もお付き合いくださりありがとうございました。

 

13608083_883978358374856_1653491292_n
人材育成コンサルティングファーム ビジョン

キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ
矢野 圭夏
===

もっと読みたい!
「強くしなやかな組織づくり」お役立ちコラムはこちら↓

連載「20人の壁を超えて、組織がぐんぐん成長する組織づくりに必要な5つのステップ」

ステップ1、ビジョン共有
ステップ2、対話文化
ステップ3、リーダーシップ
ステップ4、仕組み化・財産化
ステップ5、組織の可能性の開花

===

孤軍奮闘のリーダーから、信頼され支えられるリーダーへ。
実体験、実例を元にまとめた全8通のメッセージが無料で読める!
メールマガジンはこちら↓

介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わる7つのメッセージ