by

経営者にも従業員にも当てはまる「幸福の4つの因子」 

こんにちは
人材育成コンサルティングファーム ビジョンの
コミュニケーション能力開発トレーナー
閏改め、上村ひさみです。

秋が深まり、どんどんお鍋の季節へと移行していますね。
「何鍋が好きですか?」 この質問は、毎年、私をとても悩ませます。

 

 

 

 

 

そして、前回、前々回と”縁起でもない話”が続きました。

死からは人は逃れられませんが、幸せの追求からも同じくだと私は思っています。
今日は、前野隆司(まえのたかし)さん (慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 研究科委員長・教授)「幸福学」のご研究から「幸せの4つの因子」と、私たちビジョンの人材育成で大事にしていることのつながりについてご紹介します。

幸せの4つの因子とは?

前野教授のインタビュー記事 日本の人事部キーパーソンが語る”人と組織”より引用

幸せの四つの因子とは、(1)「自己実現と成長」(2)「つながりと感謝」(3)「前向きと楽観」(4)「独立とマイペース」の四つです。私たちはこれらの因子に一つずつわかりやすい名前を付けました。

まず(1)は、「やってみよう!」因子です。どんな小さなことでもいい。わくわくする趣味ややりがいのある仕事を持っている人は幸せであり、それらを通じて成長の実感や自己実現などの達成感が得られれば、幸福度はさらに高まることが具体的な数値によって裏付けられています。

(2)の「つながりと感謝」は、「ありがとう!」因子と名づけました。誰かを喜ばせたり、逆に愛情を受けたり、感謝や親切に触れたり、要は、人とのつながりによって、人は幸せを感じることができるのです。ただし、そのつながりが均質でなく、より多様な人のほうが、幸福度が高いことがわかっています。多種多様な人脈があれば、いろいろな意見や情報が得られるし、困ったときもその問題に応じて、誰かしらから助言や支援を受けられる。結果、幸せになっていくわけです。いつもの仲間や親友はもちろん大切ですが、均質な人間関係だけに留まっていると、マンネリに陥りかねません。新しい出会いも積極的に求めていくべきでしょう。

(3)は、「なんとかなる!」因子です。悲観的ではなく、常に楽観的でいること。自己否定ではなく、自己受容を心がけることで幸せを実感できるようになります。

そして(4)は、「あなたらしく!」因子です。長続きしない幸せをもたらすのは、他人との比較でしか満足を得られない「地位財」でしたね。人や周囲を過度に気にせず、自分をはっきり持っていれば、つい地位財に手が伸びそうになるのを抑えられ、結果的にそれが、確かな幸せを呼び込むというわけです。

仕事という活動を通じて「幸せな人」がやっていること

それは、自分が社会にとって良いと思うものを必要としている人に届けるため、職場の人とより良い関係を作り、自分ひとりではできないことを仲間と意見交換で知恵を出し合い試行錯誤しながら、実現するということをしています。これは、経営者であっても、従業員という立場であってもなんら変わりはありません。
これが真反対に、自分が社会にとって良いとは思えないものを、特に必要としていない人に押しつけるため、職場の人から孤立し、誰に頼るでもなく誰の意見を聴くでもなく、なんのチャレンジもない方法で取り組むと考えると不幸極まりないことは言うまでもありません。 自分の在り方一つでこんなにも差が生まれます。前者の在り方でよい成果を得られた時、共に喜ぶ仲間は当たり前に存在しています。
そして、ここは関係ある余談ですが、「幸せの4つの因子」を読みながら、相棒の矢野には全て存分に備わっているなあと彼女が色々あっても幸せである理由がよく分かりました。

どんな職場でも幸せを感じられる職場にチェンジできるのか?

それは簡単にYESだとも言えるし、困難なことだともいえます。簡単にYESである理由は、共創ぐるぐる会議方式で、みんなで揃って語る場を創りさえすれば、チェンジは起きると私たちは信じているからです。
困難な理由は、それはただその場にいて、ただ取り組むだけではチェンジには至らないからです。特に構成している人たちがあきらめてしまった組織は、なかなか再起しません。

ただ私たちは、そうであったとしてもあきらめませんから、何をどうあきらめてしまったのかを吐露してもらえるまでは、みんなで語る場を創り続けたいと思っています。縁あってその場に一緒にいるその奇跡を見出してくださるまでは、チャレンジします。結構暑苦しい存在ですね。

時間は命。だからこれは譲れない。

ビジョンのコンセプトメッセージをご紹介します。誰もが本領発揮するために、誰にとっても縁あって身を置く場所が“楽しく磨き合う職場”であるために、強くしなやかな組織づくりをサポートします。幸せは分かち合うと相手の分も増えるのです。だから自分の持てる時間を存分に活かして欲しいのです。だれにとっても時間は命。命は自分らしく輝くために存在しています。

====

12107249_952037781521979_6970941695948721633_n人材育成コンサルティングファーム ビジョン
コミュニケーション能力開発トレーナー
マインドフルネスNLPトレーナー
閏改め 上村ひさみ

=====

心身ともに健やかに「いまここ」を感じ、未来のビジョンを描く
リトリートを鹿児島でご一緒しませんか?
経営者向けリトリートプログラム「ビジョンエクスプローラー」