by

人生100年時代の生き方

こんにちは。

キャリアコンサルタント

人間関係コンディショニングコーチ 矢野圭夏です。

 

先日、東京でちょっと変わった移住イベントに参加しました。

タイトルは「人生100年時代の生き方」・・・

IMG-5015

「人生100年時代」と「移住」ってどんな関係があるの?

ビジョンブログのテーマに合ってるの?

 

さまざまな考えがよぎるとは思いますが、少しお付き合いくださいませ。

 

まずはじめに、石川善樹(いしかわよしき)さんという方をご存知でしょうか?

以前、ビジョンブログで著書「疲れない脳をつくる生活習慣」をご紹介させていただいた医学博士の方です。

2017.5.2  取れない疲れは”脳”のせい? 呼吸と姿勢で身体は変わる。 「疲れない脳をつくる生活習慣-働く人のためのマインドフルネス講座」

 

この本は管理職研修などでご紹介しているのですが、なんとご本人にお会いできる!ということで行って参りました。

IMG-5013

人生100年時代の生き方~移住という視点

 

医学博士がなぜ移住イベントのメインスピーカーに?

話を聴くうちに「なるほど」と。

 

まずは「移住」について。
彼自身は奥様と娘さんと一緒に東京に住みながら、京都に「プチ移住」しているそうです。
月に3日ほど知り合いの住職さんの宿坊にお世話になり、関西で仕事をして東京に戻る生活がお気に入りとのこと。

「出張」と言ってしまえばそうかもしれませんが、ビジネスホテルではな、知人の宿坊に寝泊まりし時間を過ごすというところが、その土地の暮らしに触れる「プチ移住」と言えそうです。

 

次に「人生100年時代」について。

戦後は人生50年だった時代から、その後、寿命はどんどん伸びて今や90歳まで生きる人も少なくありません。年金の受給年齢や定年退職もどんどん伸びています。

現代人にとっては、早死にするリスクよりも「長生きするリスク」への備えが必要だと石川さんは言います。おそらく、長生きリスクに対する保険が出てくるだろうと予測されているのもおもしろい観点です。

 

では、人生80年で設計していたライフプランが、人生100年になるとどうなるのでしょうか?

60歳までフルタイムで勤めて、あわよくば70歳くらいまで継続雇用されて、75歳から年金を受給し慎ましやかに暮らす。それでもまだ15年あるということです。

気が遠くなりますね。

昨今では、副業、複業、パラレルキャリアなどと呼ばれる、1つの仕事や職場に縛られない働き方が注目されていますが、まだ実践している人は少数派でしょう。
それが人生100年時代には「あたりまえ」になってくると予想されます。

 

IMG-5016

人生は春夏秋冬である

レヴィンソンという心理学者が、発達段階説のなかで4つの発達段階を人生の四季で例えています。
子どもから成人へ、中年を経て老年期へ、という段階ですが、この例では60歳以降を老年期、つまり人生の冬と位置付けています。

 

え? 60歳で人生の冬?
みなさんもきっと不思議に思われるでしょう。
周りを見ても、60歳は老年と言い難い元気な方がたくさんいらっしゃいます。
私の両親は70歳を超えていて持病もありますが、海外旅行に出かける元気だってあります。

レヴィンソンは1920年生まれですから人生50年時代に生きた人とすれば、今の時代は春夏秋冬のシーズンごとの年数が変わってきています。

 

第1WORK期(夏)と第2WORK期(秋)

 

石川さんは「人生100年時代は、50年で1人生として2回の人生を生きるようなもの」と言います。

25~50歳までが「夏」であり、「第1WORK期」として、家族のために働く(人によって様々ですが)時期。
50~75歳までが「秋」であり、「第2WORK期」として、夏ほどの盛りではないけれど、好きな仕事や専門性を生かして、志をもって自分のために働く時期。

 

人生100年ととらえた時に、「一生の仕事」「終の棲家」と言った言葉はあてはまらなくなるのかもしれませんね。

 

いつでもどこでも何度でも。

仕事も暮らしも選べる。

それが人生100年時代の生き方ではないでしょうか。

 

医学的に見た「人間が長生きする」ということと、「長い人生の中で生き方働き方暮らし方が自由化する」ということから、「移住」という選択肢もありでしょう!ということで今回のイベントでメインスピーカーを務めてらっしゃったわけですね。

ここまできて納得です。

 

私も、いつでもどこでも働ける仕組みづくりの挑戦として2拠点生活を続けていますが、誰のためでもない自分の老後?のためにも、働き方の自由化は進めていきたいなと思います。

 

2017年最後のビジョンブログは「人生100年時代の生き方」について、キャリアコンサルタントの矢野圭夏がお届けしました。

 

年末年始、楽しいことや美味しいものが目白押しですが、身体をいたわりながらお過ごしくださいね。
本年もお世話になりありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えください。

 

 

13608083_883978358374856_1653491292_n
人材育成コンサルティングファーム ビジョン
キャリアコンサルタント
人間関係コンディショニングコーチ
矢野 圭夏
【鹿児島で唯一、ゲームを活用したコミュニケーションアップ研修ならお任せください】